「そばかす」ができる原因と対処法は?

MENU

遺伝による影響が大きく関係するそばかす

シミと呼ばれるお肌の症状と、見た目はとってもよく似ているのに、実は違う肌悩みがあります。それがそばかすです。では、そばかすはどういったことが原因で起こり、どう対処すれば改善されるのでしょうか?

 

そばかすとは?

そばかすは、老人性色素斑や肝斑といった一般的な大人の女性に現れる症状とは大きく異なっています。

  • 幼少期に現れやすい
  • 特に5~6歳から思春期ごろがピーク
  • 目の周り、頬などに集中的にできる
  • 1つあたりの大きさが米粒程度

 

紫外線を浴びたり、お肌が刺激を受けたことにより後からできるシミとは違い、そばかすは生まれながらに持っているもの、ということが言えますね。特に欧米の肌が白い方には、そんなそばかすに悩まされる方が大勢います。

そばかすが起こる原因

では、そばかすという肌悩みはなぜ起こるのでしょうか?実はこれは、一般的なシミと同じメカニズムでできてしまう肌悩みです。ですが、その原因は少し違っています。

  • 遺伝的要素が強い
  • 活性酸素の発生によって起こる
  • 紫外線

そばかすは遺伝的要素が強く、できやすい体質を遺伝してしまうという考え方もあります。ですが、同時に紫外線などのダメージも大きく関係しており、特にそばかすがある方が紫外線を浴び続けると、これが濃くなる恐れもあると言われています。逆に思春期を過ぎれば、自然に消えてしまうこともありますので、それまでしっかり紫外線対策することが大切ですね。

 

さらに、過度のストレスや栄養不足など、体の中で活性酸素が発生すると、メラノサイトが刺激されてメラニン色素を生成し、そばかすが作り出されるということも分かっています。

 

そばかすは先天的な原因も大きいですが、悪化させないためには後天的な原因を除去していくことが重要な肌悩みなのです。

そばかすのケア方法

そばかすは「遺伝」や「体質」によるものだから改善するのは無理、と考えている方もいるかもしれません。ですが、これはケアすることで症状を改善することが可能なのです。

  • 紫外線対策
  • 美白コスメによるケア
  • ビタミン類をしっかり摂取する

そばかすは、シミと同様にメラニン色素が原因で発生している肌悩みです。そのため、美白コスメによるケアも効果が期待できます。

 

また、同時にお肌へのダメージを軽減するための工夫や、体の内側からのケアも心がけていきたいですね。

関連ページ

美白コスメが得意とするのは老人性色素斑
最も一般的に「シミ」として認識されているのは、正式には老人性色素斑と言われるものです。老人性・・・なんて言うと「おじいちゃん、おばあちゃんになってからできるものでは?」とイメージしてしまいますが、実はこれは20代後半ごろからできはじめる、いわゆるシミなのです。
ホルモンバランスの乱れが原因で起こる肝斑
シミの原因は、実は紫外線だけではありません。中には、体の内部の変化が原因となって起こるシミもあるのです。それが、肝斑と言われるものですね。