美白化粧品が特に効果を発揮するシミのタイプは?

MENU

美白コスメが得意とするのは老人性色素斑

最も一般的に「シミ」として認識されているのは、正式には老人性色素斑と言われるものです。老人性・・・なんて言うと「おじいちゃん、おばあちゃんになってからできるものでは?」とイメージしてしまいますが、実はこれは20代後半ごろからできはじめる、いわゆるシミなのです。

 

老人性色素斑とは?

老人性色素斑というのは、紫外線ダメージなどが原因で起こるシミです。

  • 大きさは1~2mm程度
  • 形は丸に近い形状
  • 表面はなめらか

こういった特徴がありますね。ホクロのように盛り上がっていることはなく、色素がポツポツとお肌の表面に散らばっているような感覚になってしまいます。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑が発生する原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 紫外線によるダメージ
  • お肌への刺激によるダメージ

主な原因は、紫外線によるものと考えて良いでしょう。

 

老人性色素斑は、日焼けを記憶して起こるシミとしても知られています。紫外線によるダメージが蓄積されて起こるものですので、初期のうちにきちんとケアしなければ、どんどん消えにくくなるという厄介なものです。

 

このようなシミを作り出しているのは、お肌がダメージを受けた際に、チロシナーゼという酵素がチロシンに働きかけ、変化を起こし、メラニンを生成してしまうためです。そして、お肌の内部で作られたメラニンは、徐々にお肌の表面に出てきてしまい、シミとなります。

老人性色素斑のケア方法

老人性色素斑は消しにくい厄介なシミ悩みではありますが、実は美白コスメが得意とするシミでもあります。ハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体など、様々な美白成分により、薄くしたり、初期のものならほとんど消してしまうようなことも可能なのです。

  • シミができたらできるだけ早く美白コスメで対策する
  • お肌のターンオーバーを促進して早く排出させる

こういったポイントに気を付けてケアをしてあげることで、老人性色素斑はほとんど気にならない状態に導くことができます。また、同時に老人性色素斑をこれ以上増やさないために、しっかり紫外線対策をしたり、お肌に摩擦などのダメージを与えないよう工夫することも必要です。

 

老人性色素斑は、原因が体の中ではなく、お肌だけにあるものなので、比較的ケアがしやすいものと考えることができますね。発生してしまった時はショックですが、「早めにケアすれば大丈夫」と信じて、美白コスメを活用してみましょう。

関連ページ

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる肝斑
シミの原因は、実は紫外線だけではありません。中には、体の内部の変化が原因となって起こるシミもあるのです。それが、肝斑と言われるものですね。
遺伝による影響が大きく関係するそばかす
シミと呼ばれるお肌の症状と、見た目はとってもよく似ているのに、実は違う肌悩みがあります。それがそばかすです。では、そばかすはどういったことが原因で起こり、どう対処すれば改善されるのでしょうか?