妊娠中にシミができるのはなぜ?

MENU

妊娠中のシミ悩みの原因

妊娠中には、これまでシミとは縁が無かったという方でも、一気に顔中にシミが広がってしまうことがあります。この原因は、主にホルモンバランスの変化。妊娠することでホルモンバランスが急激に変化するため、シミが発生したり、濃くなったりするのです。

 

妊娠中のシミは肝斑!?

シミの悩みには、主に2種類あることが分かっています。1つは紫外線やお肌への刺激によって起こる、メラニン色素が原因のシミです。そしてもう1つが、ホルモンバランスの変化によって起こる肝斑と言われるものですね。

 

つまり、ホルモンバランスの変化が原因とされる妊娠中に発生するシミは、その多くが肝斑であると言われています。出産し、ホルモンバランスが落ち着けば、元通りに消えたり薄くなってくるものもありますが、中には頑固に残ってしまうものもあるので注意が必要です。

デリケートな体調とお肌も原因に!

妊娠すると、つわりなどで思うように栄養が取れない時期もありますよね。すると、お肌に届く栄養も少なくなってしまい、これが原因で肌荒れを起こしたり、刺激を受けやすい敏感肌に傾くこともあります。さらに妊娠すると体の免疫力も低下しやすく、お肌のバリア機能も同時に低下してしまったりするわけです。

 

このようなデリケートな体調、敏感に傾きがちなお肌と言ったものも、妊娠中に発生するシミの原因になります。お肌のバリア機能が低下すると、どうしても紫外線などの影響を受けやすくなり、シミが起こりやすいというわけです。

ストレスも溜まる!

これまで何不自由なく動き回ることができた体が、急につわりで辛くなったり、お腹が重くなることで動きづらくなると、大きなストレスを感じます。さらに、数カ月後に控えている出産のことを考えると、不安も大きくなりますよね。出産自体に対する不安もあれば、今後、赤ちゃんをうまく育てていけるかといった計り知れない不安にさいなまれる方もいます。

 

しかも上の子供がいるような場合には、辛い体で育児も頑張らなければならず、もう心も身体も限界状態、なんてこともよくある話です。こうしてストレスを溜めこみ過ぎると、お肌が不調になり、ターンオーバーが乱れ、くすみやシミも起こりやすくなってしまいます。このように、妊娠中のシミ悩みには、実に様々な原因があるのですね。

関連ページ

妊娠中のシミ対策
妊娠中・授乳中の美白ケアはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。妊娠中・授乳中の美白ケアについてまとめました。
授乳中のシミ悩みの原因
産後には出産による疲れや、怒涛の育児により、妊娠中よりもさらに不調になり、お肌が荒れてしまう方も少なくありません。シミもできやすい状態なので、要注意です。
授乳中のシミ対策
シミやくすみに対するケアが難しい状況にある授乳中。ですが、実はこの時期は、女性ホルモンがたっぷり分泌され、お肌がキレイになりやすい時期でもあります。この時期を活かした美白ケアができるようにポジティブなスキンケアを実践していきましょう!