美白コスメはいろんなメーカーを同時に使ってもいい?

MENU

イロイロなメーカーを重ねづけするのは避けて!

スキンケアに用いる化粧品は、「それぞれのアイテムごとにお気に入りのメーカーを選んでいる」という人もいますよね。確かにそれぞれに魅力的なメーカーというものはありますが、実はイロイロなメーカーを合わせて使用する方法は、非効率的であると考えられます。
できるだけ短期間にしっかりと美白効果を得たいのであれば、できるだけ同じメーカーの美白ラインで揃えるのが理想なのです。

 

安全性に疑問

まず、美白化粧品に配合される有効成分の中には、刺激が強いものが多いということを忘れてはなりません。例えばハイドロキノンアルブチンビタミンC誘導体などの成分は、適量を正しく用いれば高い美白効果が得られる、魅力的な成分です。ですが、これらは過剰に使用することで、肌荒れや乾燥など、肌トラブルの原因になってしまう恐れがあります。

 

そのため、同じメーカーの同じラインのものを適量で使用していけば、このようなリスクは少ないものの、他社メーカーのものをオリジナルの組み合わせで使用することで、過剰摂取になるリスクが高まるのです。例えば食べ物で考えても、どんなに体に良いとされる成分でも、そればかり摂取すると悪影響になることがありますよね。

 

過ぎたるは及ばざるがごとし、ということです。こういった問題を起こさないためにも、美白化粧品に関しては特に、他社メーカーとの組み合わせての使用を安易に行うのは、避けた方が良いのです。

相乗効果に期待

美白化粧品を発売している各メーカーは、その道のプロです。どのような組み合わせで、どの成分を、どう使っていけば効果が得られるのかといったことを徹底研究し、化粧品のシリーズを作っています。このシリーズを、推奨される順番や量で使っていくことで、それぞれに含まれる成分がよりお互いを高め合い、相乗効果が得られるのです。

 

なのに、それぞれを単品使いして、他社メーカーのものを取り入れてしまうと、せっかくの相乗効果が得られなくなってしまいます。これではもったいないですね。せっかくの美白化粧品が持つ効果を最大限に引き出すためにも、できるだけ同じメーカーのシリーズで使用していきましょう。

朝晩のケアで変えてみても!

もし、どうしても気になるシリーズが複数あるという場合には、「こちらは朝のケアに、こちらは夜のケアに」と、朝晩で使い分けてみても良いでしょう。ある程度時間を分けて使用することで、成分同士が喧嘩するのを防ぐことができます。また、それぞれの化粧品には使用感の違いがあります。朝はさっぱりタイプ、夜はしっとりタイプなどで使い分けてみても良いですね。

 

ただし、肌に異常を感じた場合などはすぐに、使用を中止して、メーカーや医師に問い合わせるようにしましょう。化粧品や医薬部外品は基本的には安全性に徹底配慮して作られていますが、自己判断で間違えた使用方法をすると、何か起こるリスクもあるということを忘れてはなりません。

関連ページ

美白化粧品でケアすれば紫外線ケアは不要!?
美白化粧品を使ってアフターケアさえしっかりしていれば、日中の紫外線は浴び放題。そんな風に考えてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、実はこれは大きな間違いなのです。
ゴシゴシ美白ケアは肌に多大なダメージを与えるので注意!
美白の大敵と言えば、お肌の表面にある古い角質ですが、除去したいがために必死でゴシゴシとこすってしまうケアは、肌に多大なダメージを引き起こしてしまいます。場合によっては、肌に色素沈着を引き起こし、ますます暗い肌にしてしまう可能性もあるので要注意です。