肝斑ができる原因と対処法は?

MENU

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる肝斑

シミの原因は、実は紫外線だけではありません。中には、体の内部の変化が原因となって起こるシミもあるのです。それが、肝斑と言われるものですね。

 

肝斑とは?

肝斑というのは、顔に褐色のシミが発生する症状のことを言います。

  • 30~50代後半までに起こる
  • 紫外線を浴びなくてもできる
  • 左右対称に起こる
  • 頬・目の下が中心

こういった特徴を持っているのが肝斑です。まるで地図のようにべったりとした印象になり、見た目にも目立ちやすいので、気になりますね。

肝斑の原因

肝斑が起こる原因は、よくある紫外線によるシミとは少々違っています。

  • 妊娠や出産
  • ストレス
  • その他ホルモンバランスの乱れ

肝斑は、女性ホルモンと関係があるのではないか、と言われる症状です。そのため、特に妊娠初期の頃には発生しやすくなります。「妊娠するとシミが一気に増えた!」と悩んでいる方は、もしかすると、それは老人性色素斑ではなく、肝斑なのかもしれません。

 

ストレスも女性ホルモンのバランスを乱すことがあるので、これも肝斑に関係していると考えることができますね。

肝斑のケア方法

肝斑は、一般的なシミとは違い、何もケアしなくても薄くなったり、消えてなくなってしまうこともあるのが特徴的です。

  • 産後
  • 閉経後

こういったタイミングで、ホルモンバランスが変化すると、自然と消えてしまうこともあるのです。となると、「妊娠中にシミができても、出産すれば消えるから」と油断してしまう方もいるかもしれません。

 

ただし、逆に肝斑がある状態で紫外線を浴びると、症状が悪化して、消えないシミになってしまうこともあります。そのため、肝斑をケアする際にも、一般的なシミと同様に紫外線対策を徹底する必要があるのです。

 

それから、美白コスメの利用も肝斑の改善に効果的であると言われています。

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • アルブチン

こういった成分が配合された美白コスメでケアをしてあげることで、より効果的に肝斑を薄く、目立たなくすることができるのです。

 

さらに、同時に体の内側からのケアを徹底していく、ということも大切です。ストレス対策をしたり、食生活や睡眠時間などにも配慮し、体のリズムを整えてホルモンバランスの悪化を防ぎましょう。

関連ページ

美白コスメが得意とするのは老人性色素斑
最も一般的に「シミ」として認識されているのは、正式には老人性色素斑と言われるものです。老人性・・・なんて言うと「おじいちゃん、おばあちゃんになってからできるものでは?」とイメージしてしまいますが、実はこれは20代後半ごろからできはじめる、いわゆるシミなのです。
遺伝による影響が大きく関係するそばかす
シミと呼ばれるお肌の症状と、見た目はとってもよく似ているのに、実は違う肌悩みがあります。それがそばかすです。では、そばかすはどういったことが原因で起こり、どう対処すれば改善されるのでしょうか?