授乳中のシミ対策の方法は?

MENU

授乳中のシミ対策

シミやくすみに対するケアが難しい状況にある授乳中。ですが、実はこの時期は、授乳によって女性ホルモン「エストロゲン」がたっぷり分泌され、お肌がキレイになりやすい時期でもあります。悪い方向にばかり考えずに、せっかくお肌にとって良い時期なのだから、この時期を活かした美白ケアができるようにポジティブなスキンケアを実践していきましょう!

 

まずは生活に慣れよう!

赤ちゃんがやってきた家庭では、これまでと生活のリズムがガラリと変わってしまいます。全てが赤ちゃん中心に動くようになるので、戸惑いを感じてしまいますよね。まずはそんな生活のリズムに慣れるところから始めていきましょう。

 

一見、お肌の美白ケアとは何の関係もないことのように思えるかもしれませんが、うまく生活リズムを掴み、きちんと睡眠や栄養といった部分を整えることは美肌の土台作りになります。さらに、そうして生活リズムができてくれば、気持ちや時間にも余裕が生まれ、スキンケアにかける時間を作り出すこともできるようになるのです。

授乳中のお出かけに注意!

授乳中、といっても期間は約1年程度ありますが、その中で、赤ちゃんがある程度成長してくれば、屋外に連れ出す機会も出てくるでしょう。一緒にお散歩したり、公園で遊んだリというのは、ママのストレス発散にもなる良い方法です。ですが、この時、「少し出かけるだけだから」なんて油断してしまうと、シミが大量発生する原因になります。

 

できるだけ授乳中のお出かけ時にも、UVクリームをきちんと塗布し、帽子をかぶるなどして、徹底した対策を行いましょう。もちろん、ママだけでなく赤ちゃんのお肌にも紫外線は悪影響ですので、きちんと赤ちゃん用のUVクリームで対策してあげることが大切ですね。

授乳中の美白コスメ

授乳中には服用する薬は母乳に出てしまうリスクがあるため、注意が必要です。また塗り薬でも、お肌を通して体に吸収されるので、ステロイド系などは要注意とされています。ですが、美白コスメに関しては化粧品、あるいは医薬部外品として分類されているものですので、赤ちゃんに対する影響は、ほぼないと考えて大丈夫でしょう。

 

ただし、授乳中には疲れでお肌がデリケートになることもありますし、赤ちゃんと触れ合ったり、頬を寄せ合う機会もあるでしょう。そんな場合でも安全なように、低刺激で安心な美白コスメを選ぶことが大切です。また、忙しい中でも素早くスキンケアができるアイテム、という点にも着目して美白コスメを選び、隙間時間でしっかりシミ対策をしていきましょう!

関連ページ

妊娠中のシミ悩みの原因
妊娠中には、これまでシミとは縁が無かったという方でも、一気に顔中にシミが広がってしまうことがあります。この原因は、主にホルモンバランスの変化。妊娠することでホルモンバランスが急激に変化するため、シミが発生したり、濃くなったりするのです。
妊娠中のシミ対策
妊娠中・授乳中の美白ケアはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。妊娠中・授乳中の美白ケアについてまとめました。
授乳中のシミ悩みの原因
産後には出産による疲れや、怒涛の育児により、妊娠中よりもさらに不調になり、お肌が荒れてしまう方も少なくありません。シミもできやすい状態なので、要注意です。