授乳中にシミができる理由は?

MENU

授乳中のシミ悩みの原因

ようやく赤ちゃんを出産し、お肌の調子も体型も、そして体調も元通りになると期待する方もいるかもしれません。ですが現実は、そう甘いものではないのです。産後には出産による疲れや、怒涛の育児により、妊娠中よりもさらに不調になり、お肌が荒れてしまう方も少なくありません。シミもできやすい状態なので、要注意です。

 

授乳中は眠れない!

妊娠中にできてしまったシミをどうにかしていくためには、お肌のターンオーバーを整えることが最重要課題です。そして、お肌のターンオーバーを整えるためには、良質な睡眠や栄養が必要になります。ですが、授乳中には大きな問題が発生します。それが、思うように眠れないというものですね。

 

授乳中には赤ちゃんが数時間おき、時には数分おきに無き、母乳を欲します。それに合わせてママも起きることになるので、常にこま切れの浅い睡眠しかとれず、お肌のターンオーバーを考えるどころの状況ではなくなる可能性大なのです。そのため、思うようにシミが改善されなかったり、逆にお疲れ肌になり、くすみやシミが目立ってくることもあります。

授乳中は栄養不足に!

授乳中は、赤ちゃんに母乳から栄養を与える状態です。そのため、ものすごくお腹が減ってしまいます。ここでバランスのとれた食事をきちんと食べることができていれば、お肌も健康になり、シミができにくくなるのですが、なかなかそうはいきません。

 

例えば産後ダイエットを焦り、お腹が空いても我慢してしまったり、あるいは空腹時に好き放題に、お菓子ばかり食べてしまったりすると、結局、体は栄養不足になり、お肌も乾燥しやすく、ターンオーバーが乱れてしまいやすくなります。こうしてお肌の栄養が足りなくなれば、当然、シミ悩みも改善されませんし、バリア機能が低下し、新たなシミを発症してしまう可能性もあります。

授乳中はスキンケアに手間ひまをかけられない!

美白コスメによってシミやくすみを改善していくためには、継続的に、毎日しっかりスキンケアすることが大切です。ランキングで人気のシリーズも、朝晩の使用でシミが薄くなる効果が期待できる、というものが大半ですよね。ですが、そう簡単にスキンケアができなくなってしまうのが、授乳中のママです。

 

とにかく育児は忙しく、毎日がバタバタですよね。そんな中でスキンケアに長い時間や面倒な手間をかけていることなんて、なかなかできません。そうして、せっかく美白コスメを手に入れても、全てのステップをきちんと使用できなかったり、サボってしまうこともあり、シミ悩みが改善されにくいのです。

関連ページ

妊娠中のシミ悩みの原因
妊娠中には、これまでシミとは縁が無かったという方でも、一気に顔中にシミが広がってしまうことがあります。この原因は、主にホルモンバランスの変化。妊娠することでホルモンバランスが急激に変化するため、シミが発生したり、濃くなったりするのです。
妊娠中のシミ対策
妊娠中・授乳中の美白ケアはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。妊娠中・授乳中の美白ケアについてまとめました。
授乳中のシミ対策
シミやくすみに対するケアが難しい状況にある授乳中。ですが、実はこの時期は、女性ホルモンがたっぷり分泌され、お肌がキレイになりやすい時期でもあります。この時期を活かした美白ケアができるようにポジティブなスキンケアを実践していきましょう!