美白コスメの効果と保湿力の関係は?

MENU

美白化粧品でもお肌の潤いは無視できないので保湿力の高いものを!

美白化粧品は、どうしてもさっぱりしたタイプのものが多いですね。ですが、美白ケアを重視するとしても、やっぱり「お肌の潤い」は無視できない大切なポイントになります。そこで、美白化粧品を選ぶ際にも、できるだけ「保湿力」にこだわるタイプのものを選んでおきましょう。

 

保湿力は美白効果を左右する!

保湿力と美白力は、一見無関係に見えるかもしれません。ですが、実はこれらは非常に深く関係しているのです。なぜなら、潤いに満ちた健やかな状態のお肌は、ターンオーバーが促進されるため、肌がくすみにくく、またシミなどの悩みも早く薄くなる効果が期待できるからです。

 

逆に、どんなに優秀な美白成分が配合されていたとしても、保湿力が足りなければ、ターンオーバーが低下して効果が得られにくくなってしまいます。つまり、効率よく美白肌を手に入れるためには、保湿力は必要不可欠な要素であるということですね。美白化粧品選びの際には、美白有効成分だけではなく、保湿成分がどのようなものか、という点にもしっかり着目しましょう!

美白化粧品が乾燥する理由

美白化粧品を使うと、お肌が乾燥してしまって仕方ないという方がいます。なぜ美白化粧品に、保湿力が物足りない、乾燥をもたらすものが多いのかという理由ですが、これは主に、美白有効成分が関係していると言えるでしょう。美白有効成分と言われるものの中には、過剰に使うと肌を乾燥させてしまう恐れがあるものもあります。

 

それから、美白コスメは主に夏向けに作られていることも多く、そのため、さっぱりした使用感に仕上がっているものが少なくないのです。そのため、秋冬に使用すると保湿力が物足りなく感じられたりしてしまいます。もちろん、中には年間を通して使用できるような、保湿力に優れたコスメもありますので、しっかり厳選して使っていくことが大切ですね。

浸透力も確認!

保湿力や美白成分といった点で優秀な化粧品であっても、もう1つ忘れてはならない点があります。それが、浸透力ですね。くすみがあるお肌というのは、肌表面の古い角質が厚くなっている恐れがあります。

 

古い角質が厚くなっているということは、肌表面が固くなり、浸透しにくい状態になるということでもあります。そんな状態のお肌でも、保湿成分や美白成分がお肌の奥深くにまで浸透してくれるような、工夫のある処方の美白化粧品を厳選しましょう。また、特に目元や口元などの乾燥が気になる部分は、クリームを重ねづけするなどして、乾燥を徹底的に防ぐ工夫も必要ですね。

関連ページ

敏感肌でも使える優しさに着目!
美白効果の高い化粧品には刺激はつきもの、少しくらいピリッとしても、「これは効いている証拠」なんて考えている方は要注意です。刺激はお肌に負担を与えている証拠。そんな刺激のない、敏感肌でも使用しやすい優しさにこだわる美白化粧品を選びましょう。
お手軽ケアがオススメ!
美白化粧品による効果を実感するためには、じっくり働きかけていく必要があります。 しかも、そのケアは毎日じっくりと継続していくことが大切なのです。三日坊主にならないためにも、できるだけお手軽なケアができるものを選んでおきたいですね。