春の美白ケアのポイントは?

MENU

春の美白ケアのポイント

春と言えば心地よい気候が嬉しい季節ですよね。冬の寒さも厳しい乾燥も和らぎ、肌状態も落ち着くのではないかと考える方も多いかもしれません。ですが、意外とこの季節は、美白ケアにも注意が必要な時期なのです。

 

低刺激な美白ケアを!

春は、汗ばむほど暑い日もあれば寒くて身体が芯から冷え切る日もあります。また、朝晩だけ冷え込んで昼間は暖かくなるなど1日のうちでも気温の変化が激しい季節ですよね。このような「季節の変わり目」と言われる状況の中では、どうしてもお肌が敏感に傾きやすくなります。そこで重要なのが、低刺激な美白ケアを実践していくことです。

 

無添加処方を選ぶ

添加物は刺激や負担になる可能性大です!

美白成分の内容をチェック

中には刺激の強いものもあります。

トライアルなどを利用する

評判の化粧品でもお肌に合わないことはありますので、まずはご自身で試してみましょう。

 

これらのポイントに気を付けて美白化粧品を選び、デリケートになりがちな春のお肌を優しくケアしていきましょう。

花粉に注意!

春は花粉や黄砂などの刺激物が飛び交う季節です。これらはくしゃみや鼻水などの深い不快な症状をもたらすだけでなく、お肌にも刺激を与えてしまいます。そのため、花粉や黄砂によるダメージを受けたお肌は、炎症を起こしたり敏感になったりしやすいのです。

 

美白有効成分の中には、刺激が強いものもありますので、花粉でダメージを受けたお肌にはできるだけ使用を控えた方が良いでしょう。この時期はシンプルなケアで、美白前のお肌の土台を立て直すのも大切ですね。

 

それから、刺激から守ってあげるためにも保湿力の高い美白化粧品を選んで、バリア機能を向上させましょう。

紫外線予防もしっかり!

春と言えば3~5月。5月頃になれば、そろそろ紫外線のケアを意識し始める方も多いでしょう。ですが、イマドキの紫外線を舐めてはいけません。

 

最近では、3月でもサンサンと太陽が降り注ぎ、うっかり何もせずに外出してしまうと、真っ黒に日焼けしてしまうこともあるのです。日焼けするだけならまだしも、お肌の奥深いところにダメージを与え、シミやくすみ、シワといった肌悩みを促進してしまう可能性があります。

 

春の美白ケアでは、美白化粧品で有効成分を与えるケアと同時に、紫外線を予防したり、その日に浴びた紫外線はその日のうちに、穏やかな作用の美白化粧品で優しく働きかけてあげると良いですね。

関連ページ

夏の美白ケアのコツ
美白ケアが本格化する季節と言えば、やはり夏ですね。強い日差しが降り注ぐ中、真っ黒に日焼けしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。日焼けは時間の経過と共に改善されても、真皮の層まで届いた紫外線ダメージは改善されません。この時期は特にしっかりと紫外線ケアをしておきたいですね!
秋の美白ケアは保湿力がカギ
オゾン層の破壊により、強い日差しが差し込むようになった今の時代は、秋でも十分に強い紫外線が降り注いでいます。しかも真皮層に影響を与えてしまう紫外線A波は、この時期にも多いので、しっかり美白ケアをしていかなければなりませんね。
冬の美白ケアは「浸透力」が重要!
冬は放っておいても日焼けが解消し、お肌が白く雪のようになる・・・そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそれなりに冬も努力をしないと、お肌の奥深くにダメージが蓄積され、将来のシミを作り出してしまうこともあるのです。
イマドキの美白ケア事情
一昔前なら、美白化粧品と言えば「夏向けのもの」という印象が強かったかもしれません。ですが、時代と共に気候や環境は変化しており、美白化粧品の使い方も変わってきています。日本は四季のある国。この四季に合わせて、年中美白ケアをしていくことが大切なのです。