美白コスメの有効成分ハイドロキノンの特徴と効果は?

MENU

お肌の漂白剤「ハイドロキノン」

病院でもシミ治療に使用されているという成分、ハイドロキノン。強力な効果が期待できるという点から、「一体どんな成分なの?」「安全性は大丈夫?」といった不安も感じてしまいますよね。

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、簡単に言えばお肌の漂白剤です。漂白剤と言うと、化学的で危険な成分に思えてしまうかもしれませんが、実はそういうわけではありません。ハイドロキノンは、イチゴ、コーヒー、麦芽などにも含まれている、意外と身近な成分なのです。

 

ですがこちらは、管理が難しいということで、日本では化粧品への配合が長い間、認められていませんでした。それが、2001年に薬事法の規制緩和が行われた際に、化粧品への配合が認められたというわけです。

ハイドロキノンの効果は?

ハイドロキノンは、他の美白成分とは大きく異なる効果が期待できます。

 

  • メラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害
  • メラニン色素を生成するメラノサイトを減少させる
  • 既にできているシミを還元して薄くする

 

一般的に、美白に有効な成分と言われるものの大半は、できてしまったシミを消すのは難しいと言われています。メラニン色素の生成を抑制してシミを防ぐ効果はあるものの、すでにあるシミを改善するのは困難なのです。

 

ですが、ハイドロキノンであれば、そんな「できてしまったシミ」に対しても効果が期待できます。ここが、大きな注目を集めているポイントですね。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは非常に高い美白効果が期待できる成分です。ただ、その反面でリスクをはらんだ成分であることも忘れてはなりません。

 

ハイドロキノンによる副作用としては、

  • 白斑・・・塗布した一部分のみ白くなってしまう
  • かぶれ
  • 赤み
  • 刺激
  • アレルギー

 

これらの症状が出てきてしまった場合には、すぐに使用を中止して、皮膚科で診察を受けましょう。

 

基本的に、化粧品にはそれほど高濃度のハイドロキノンを配合することができませんので、安全なレベルでの配合量となっています。ですが、こういったリスクがあることを踏まえて、正しい量や頻度で使用していくことが重要ですね。

 

美白コスメランキングの中では、ラグジュアリーホワイトビーグレンに含まれる成分です。これらを使用する際には、正しい使用方法をよく確認しておくようにしてください。

関連ページ

アルブチン
多くの美白化粧品に配合されている定番の成分と言えば、アルブチンですね。では、アルブチンというのは一体、どんな効果が期待できるものなのか、安全性は大丈夫なのkか・・・など、気になる点が色々ありますよね。
ビタミンC誘導体は美白以外にもうれしい効果!
お肌を白く美しくしたいなら「ビタミンC」が良い、なんていうのはもはや常識のように知られていますよね。そんなビタミンCをお肌に直接届けることができ、嬉しい美白効果を発揮するビタミンC誘導体。一体どんな成分なのか、気になりますね。
プラセンタエキスは美白にも効果あり!
話題になっている化粧品やサプリの成分の1つと言えば、プラセンタですよね。実はプラセンタには、美白にも嬉しい効果があるということが分かっており、これを有効成分として配合した美白化粧品も登場してきています。