美白コスメの間違った使い方もイロイロ!

MENU

ゴシゴシ美白ケアは肌に多大なダメージを与えるので注意!

美白の大敵と言えば、お肌の表面にある古い角質ですよね。ですが、これを除去したいがために必死でゴシゴシとこすってしまうケアは、肌に多大なダメージを引き起こしてしまいます。場合によっては、そんなゴシゴシするケアが肌に色素沈着を引き起こし、ますます暗い肌にしてしまう可能性もあるので要注意です。

 

クレンジングや洗顔のゴシゴシ

美白化粧品の効果をしっかり実感するためには、その前に落とすケアをきちんと行う必要があります。クレンジングや洗顔で、きちんと汚れを落としておかないと、せっかくの良い成分も中に浸透していきません。ですが、そんなクレンジングや洗顔で、必死で汚れを落とそうとするがために、ゴシゴシ力を入れてしまうのはとても危険なのです。

 

お肌の厚みは、ティッシュペーパー1枚程度と言われています。そのため、そんな薄くデリケートなお肌に力を込めて摩擦してしまうことで、肌が多大なダメージを受け、傷付いてしまうのです。こうして傷付いた部分は色素沈着を起こしやすくなり、ますますくすみやシミが発生する原因になってしまいます。

化粧水を塗布する際のゴシゴシ

化粧水や美容液、乳液、クリームなど、様々なアイテムを用いて行う美白ケア。ですが、これらの与える美白化粧品も、ゴシゴシとこすってしまう人がいます。馴染ませるためにとゴシゴシこすってしまうと、結局、こすっている手の方に多く吸収されてしまい、思ったほど肌の内部には浸透しません。

 

しかも、ゴシゴシすることでお肌が摩擦され、傷付き、これもまた色素沈着の原因になります。足などで衣類と擦れる部分が暗くなることからも分かるように、摩擦されると、皮膚は傷から守るためにメラニン色素の生成を促進してしまったり、角質を厚くしてしまったりします。これが、くすみやシミの大きな原因になっているのです。

とにかくこすらず優しくケアを!

美白化粧品でスキンケアをする際に、重視したいのが「優しいケア」です。お肌に負担をかけることなく、丁寧に、腫れものに触れるように優しくケアしていきます。クレンジングや洗顔の際にも、手が触れないくらいの気持ちで、たっぷりの量を使って優しく肌の上を滑らせます。

 

また、化粧水などを塗布する際には優しくパッティングしたり、軽く塗布してからハンドプレスで馴染ませていきましょう。絶対に、ゴシゴシとこするようなケアだけはしないようにしてください。肌表面の古い角質は、優しく丁寧なケアでこそ、きちんと落とせます。ゴシゴシのケアには何の意味もないということを忘れないようにしましょう。

関連ページ

美白化粧品でケアすれば紫外線ケアは不要!?
美白化粧品を使ってアフターケアさえしっかりしていれば、日中の紫外線は浴び放題。そんな風に考えてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、実はこれは大きな間違いなのです。
イロイロなメーカーを重ねづけするのは避けて!
スキンケアに用いる化粧品は、「アイテムごとにお気に入りのメーカーを選んでいる」という人もいますよね。確かにそれぞれに魅力的なメーカーというものはありますが、短期間にしっかりと美白効果を得たいのであれば、同じメーカーの美白ラインで揃えるのが理想です。