冬の美白ケアは保湿力だけじゃダメ!

MENU

冬の美白ケアは「浸透力」が重要!

冬は放っておいても日焼けが解消し、お肌が白く雪のようになる・・・そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。確かに中には、そんな羨ましい肌質の方もいますが、実際にはそれなりに冬も努力をしないと、お肌の奥深くにダメージが蓄積され、将来のシミを作り出してしまうこともあるのです。

 

冬の美白ケアは潤いと浸透力!

冬の美白化粧品を選ぶ際には、夏のものよりも使用感がしっとりした、「保湿力」と「浸透力」にこだわるものを選びましょう。冬場はお肌の代謝が低下し、肌表面が固くなりがちです。そのままの状態では、せっかく美白化粧品を使用しても、有効な成分がお肌の内部まで浸透していかない恐れがあります。だからこそ、浸透力へのこだわりも重要になるのです。

 

  • 成分をナノ化している
  • お肌に負担なく入っていく成分を採用している

 

こういったポイントにこだわる美白化粧品を厳選し、冬の美白ケアに役立てたいですね。空気が乾燥する季節ですので、しっかり潤いを補給することも忘れないでください。

温めながら馴染ませても!

冬の美白ケアでは、冷たい化粧水などは使用しにくいと感じるかもしれません。また、冷たいコスメをいくつも重ねても、なかなか浸透せずにお肌の表面がベタベタするばかり・・・という事態になってしまうこともあります。そこで、冬場は夏とは逆に、化粧品を温めながら馴染ませても良いでしょう。

 

  • お肌に乗せる前に手の平で温める
  • 顔に馴染ませた後にハンドプレスで温める

 

温めると言っても、もちろん化粧品を湯せんにかけたりレンジでチンするような荒業は使いません。手の平でじんわり温めれば良いだけです。手が冷えている場合には、両手をこすり合わせて温かくしてから行うと、より効果的ですね。

 

また、美白化粧水をたっぷり浸したマスクで、半身浴しながら保湿ケアをしたり、蒸しタオルでお肌を温めた後に美白化粧水などを使用する方法も有効です。成分が入っていきやすい肌状態作りを目指しましょう!

代謝アップのインナーケアも忘れずに!

冬は身体が冷え、血行が悪くなり、代謝が低下しやすい季節でもあります。この「代謝」というのは、美白ケアにおいても重要なポイントとなっています。お肌の代謝が悪ければ、シミを薄くしていくことはできないのです。

 

そこで、冬でも代謝を落とさないために、「温活」を実践してみましょう。

 

  • 根菜類や生姜など温める食べ物を食べる
  • 白湯を飲んで内側から温める
  • 適度な運動で血行を促進する
  • じっくり入浴して温まる

 

これらの働きかけをしていくことで、身体もお肌も代謝が高まり、美白化粧品の効果も得られやすくなるでしょう。

関連ページ

春の美白ケアのポイント
春と言えば心地よい気候が嬉しい季節ですよね。冬の寒さも厳し乾燥も和らぎ、肌状態も落ち着くのではないかと考える方も多いかもしれません。ですが、意外とこの季節は、美白ケアにも注意が必要な時期なのです。
夏の美白ケアのコツ
美白ケアが本格化する季節と言えば、やはり夏ですね。強い日差しが降り注ぐ中、真っ黒に日焼けしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。日焼けは時間の経過と共に改善されても、真皮の層まで届いた紫外線ダメージは改善されません。この時期は特にしっかりと紫外線ケアをしておきたいですね!
秋の美白ケアは保湿力がカギ
オゾン層の破壊により、強い日差しが差し込むようになった今の時代は、秋でも十分に強い紫外線が降り注いでいます。しかも真皮層に影響を与えてしまう紫外線A波は、この時期にも多いので、しっかり美白ケアをしていかなければなりませんね。
イマドキの美白ケア事情
一昔前なら、美白化粧品と言えば「夏向けのもの」という印象が強かったかもしれません。ですが、時代と共に気候や環境は変化しており、美白化粧品の使い方も変わってきています。日本は四季のある国。この四季に合わせて、年中美白ケアをしていくことが大切なのです。