普通肌は美白コスメを使う必要はないの?

MENU

普通肌も油断は禁物!

水分と油分のバランスがとれ、まさに理想的な状態である普通肌。誰もが目指したいところですよね。ですが、普通肌で肌状態が良いからと言って、美白ケアが不要というわけではありません。美白コスメを活用して、将来のお肌に備えることが必要なのです。

 

普通肌でもシミはできる!

お肌が乾燥もせず、脂性肌でもなく、理想的な状態の場合には、バリア機能もしっかり働き、紫外線等による影響も受けにくいと言えます。そのため、シミやくすみも発生しにくいわけですが、だからと言って油断してはいけません。現代の紫外線はオゾン層の破壊などにより、想像以上に強力になっています。しっかり予防しておかないと、うっかり日焼けなどしてしまえば、将来のお肌がシミだらけになる可能性も高いのです。

 

いくらバリア機能が高い美肌であっても、紫外線の影響は、そう簡単に防げるものではありません。しっかりUV対策をする、というのは普通肌の方であっても、美肌を維持するための基本として心がけていきましょう。もちろん、春夏だけではなく、年間を通してUV対策をしていくことが重要です!

シミ悩みを根付かせない!

理想的な普通肌の方は、少しくらい日焼けしてしまっても、ターンオーバーが整っているため、すぐに白いお肌が復活するケースが大半でしょう。ですが、だからといって油断してはいけません。肌の表面が白く戻ったとしても、紫外線にはA波とB波があり、B波はお肌の奥深いところに届いてシミを作る原因になるのです。

 

そこで、もし日焼けしてしまったという時には、日焼けによる炎症の症状が落ち着いたら、美白コスメを使って徹底的に美白ケアをし、シミを根付かせないようにしましょう。これを怠ると、今は平気でも、数年後、数十年後にシミが多数発生してくるかもしれません。

普通肌にできたシミには?

普通肌の方は、肌質が強く、多くの化粧品は刺激など問題を感じることなく使用できるタイプと判断できるでしょう。敏感肌の方のように、使用するアイテムを厳選する必要もなく、適当になってしまいがちですよね。ですが、普通肌だからこそ、もしシミやくすみが発生した場合には、より良い美白コスメを選んで使用していくことが大切です。

 

例えばラグジュアリーホワイトビーグレンには、ハイドロキノンが配合されています。また、アスタリフトホワイトにはアルブチンが配合されていますね。これらはお肌によっては強い刺激となることもありますが、普通肌なら使いやすいでしょう。せっかくなので、こういった強力な作用のある成分を配合した高品質な美白コスメで、シミを効率的に解消してしまいましょう!

関連ページ

乾燥肌の美白ケアのコツは?
お肌の潤いが慢性的に不足している乾燥肌の方は、くすみという肌悩みが発生しやすい状態です。美白化粧品を用いたケアで、くすみを撃退すると、見た目の印象が全く変わってきます。コツを押さえた美白ケアで、ファンデ不要のお肌を目指してみましょう!
脂性肌のスキンケアはここに注意!
脂性肌の方は、基本的にはシミなどの肌悩みが起こりにくい状態であると言えます。ただし、中には脂性肌であっても、シミやくすみに悩まされる方がいらっしゃいます。それは、スキンケアの方法が間違えているからかもしれません。
混合肌は部位の状態に合わせたケアを!
混合肌の場合には、顔全体にトータルでケアするのではなく、部位の状態に合わせたケアをしていくことが大切です。それぞれの部位に合ったスキンケアをすることで、結果的にトータルで美白肌を目指すことができます。
ニキビ肌
思春期にも大人になってからも悩まされる方が多いニキビ肌。この肌質は、シミやくすみなどの肌トラブルが、とにかく起こりやすい状態にあると考えた方が良いでしょう。しっかりケアしておかないと、将来のお肌が大変なことになってしまうかもしれません!