ビタミンC誘導体の効果は美白だけなの?

MENU

ビタミンC誘導体は美白以外にもうれしい効果!

お肌を白く美しくしたいなら「ビタミンC」が良い、なんていうのはもはや常識のように知られていますよね。そんなビタミンCをお肌に直接届けることができ、嬉しい美白効果を発揮するビタミンC誘導体。一体どんな成分なのか、気になりますね。

 

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCをお肌に浸透しやすい状態にしてあるものです。よく、「ビタミンCが良いから」と、レモンの輪切りをお肌に乗せるようなパックをする方がいますね。ですが、実は野菜や果物に含まれるビタミンCは、そのままの形ではほぼ、お肌に吸収されません。

 

そこで、そんなビタミンCを加工し、角質層に浸透しやすい形にしたものが、ビタミンC誘導体と言われるものなのです。ビタミンCのアスコルビン酸と言われるものに、他の物質をくつけることで、吸収性と安定性を確保しています。これは、お肌に浸透した後に、酵素の反応により、ビタミンCに変化するという仕組みになっています。

ビタミンC誘導体の効果は?

ビタミンC誘導体は、美白効果の高さだけでなく、お肌のために様々な働きをしてくれることで知られています。

 

  • メラニン色素の生成を抑制
  • 色素沈着を防ぐ
  • シミやそばかすを薄くする
  • ニキビ跡を改善する
  • コラーゲンを増やしてハリを高める
  • お肌の炎症を抑える
  • 皮脂の分泌を調整する

 

これらの効果が期待できるため、美白化粧品だけでなく、ニキビケア用のコスメなどにもよく使用されていますね。

ビタミンC誘導体の副作用

ビタミンCなら普段から口にする食品にも含まれているものだし、安全性も確かだろう・・・なんて考えてしまう方も多いでしょう。確かに、ビタミンC誘導体は大きな副作用の懸念がある成分ではありませんが、肌質や使用方法により、ちょっとしたトラブルの原因になってしまう可能性はありますので、注意が必要です。

 

  • お肌への刺激・・・ビタミンC誘導体は刺激に感じられることがあるので、敏感肌の方は注意が必要です。
  • 乾燥・・・過剰に使用すると皮脂抑制作用が働きすぎて乾燥肌になる恐れがあります。

 

これらの点を踏まえて、適量を使用し、じっくりと美白のために働きかけていくことが大切です。

 

それから、ビタミンC誘導体はデリケートな成分ですので、これを配合した化粧品は冷暗所で保管し、開封後は早めに使い切りましょう。成分が変異したものを使用すると、肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう恐れもあります。

関連ページ

お肌の漂白剤「ハイドロキノン」
美白コスメに配合されている有効成分にはどのようなものがあるのでしょうか。美白有効成分についてまとめました。
アルブチン
多くの美白化粧品に配合されている定番の成分と言えば、アルブチンですね。では、アルブチンというのは一体、どんな効果が期待できるものなのか、安全性は大丈夫なのkか・・・など、気になる点が色々ありますよね。
プラセンタエキスは美白にも効果あり!
話題になっている化粧品やサプリの成分の1つと言えば、プラセンタですよね。実はプラセンタには、美白にも嬉しい効果があるということが分かっており、これを有効成分として配合した美白化粧品も登場してきています。