美白コスメも日々進化を遂げています!

MENU

イマドキの美白ケア事情

一昔前なら、美白化粧品と言えば「夏向けのもの」という印象が強かったかもしれません。ですが、時代と共に気候や環境は変化しており、美白化粧品の使い方も変わってきています。日本は四季のある国。この四季に合わせて、年中美白ケアをしていくことが大切なのです。

 

紫外線は強力に!

イマドキの美白ケア事情に何よりも大きな影響を与えているのが、環境の悪化でしょう。地球温暖化、なんて言葉が聞かれるようになってから、紫外線も年々、強まってきているように感じられますよね。

 

本来、地球の上空にはオゾン層と言われる層があり、ここで太陽から受ける紫外線をある程度、防いでくれていました。ですが、環境の悪化によりオゾン層破壊が進み、特にお肌の深部、真皮にまで到達して悪影響を及ぼしてしまうUV-B波が多く地球に降り注ぐようになったのです。

 

このUV-B波に関しては太陽がぎらぎらと輝く夏の晴れた日に限らず、曇りの日でも秋冬でも関係なく降り注ぎます。だからこそ、年中しっかりUVケア、美白ケアをする必要があるのですね。

快適にはなったけど・・・

春夏秋冬、それぞれの季節に気温や湿度などの違いがあり、身体がそれに順応していく・・・これが、本来の日本人の姿でした。ですが、家電の発達で便利な時代になり、室内に入れば夏はクーラーで涼しく、冬ば暖房で温められていますね。その結果、お肌や身体に多大な悪影響が及んでいる可能性があります。

 

  • 空調の影響で肌が乾燥!・・・ターンオーバーが低下してシミやシワもできやすくなります。
  • 自律神経が乱れることも!・・・ホルモンバランスが崩れ、シミが起こりやすくなります。

 

そのため、空調が整った室内で過ごす機会が多い今の時代だからこそ、インナーケアと美白化粧品によるケアを併せて行っていくことで、将来のシミにもしっかり対策していくことが重要なのです。

臨機応変に化粧品を変えて!

年中の美白ケアが必要になった今の時代ではありますが、いくら空調が整っているとはいえ、やはり四季ごとに環境は変わっていきます。そのため、その時の気候、気温、湿度などに合わせて、臨機応変に化粧品を使い分けていくことが重要ですね。

 

お肌の状態や気候をよく確認しながら、「今の自分に最も合った化粧品はどれか」と常に考えながら使っていきましょう。特に、普通に使用していた美白化粧品が「物足りない」「刺激に感じる」という状態になった場合は、化粧品の衣替えの時期ですね。より保湿力が高いもの、より低刺激なものに切り替えてみましょう。

関連ページ

春の美白ケアのポイント
春と言えば心地よい気候が嬉しい季節ですよね。冬の寒さも厳し乾燥も和らぎ、肌状態も落ち着くのではないかと考える方も多いかもしれません。ですが、意外とこの季節は、美白ケアにも注意が必要な時期なのです。
夏の美白ケアのコツ
美白ケアが本格化する季節と言えば、やはり夏ですね。強い日差しが降り注ぐ中、真っ黒に日焼けしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。日焼けは時間の経過と共に改善されても、真皮の層まで届いた紫外線ダメージは改善されません。この時期は特にしっかりと紫外線ケアをしておきたいですね!
秋の美白ケアは保湿力がカギ
オゾン層の破壊により、強い日差しが差し込むようになった今の時代は、秋でも十分に強い紫外線が降り注いでいます。しかも真皮層に影響を与えてしまう紫外線A波は、この時期にも多いので、しっかり美白ケアをしていかなければなりませんね。
冬の美白ケアは「浸透力」が重要!
冬は放っておいても日焼けが解消し、お肌が白く雪のようになる・・・そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそれなりに冬も努力をしないと、お肌の奥深くにダメージが蓄積され、将来のシミを作り出してしまうこともあるのです。