美白化粧品の効果が期待できるシミのタイプは?

MENU

シミの種類とそれぞれの原因を知ろう! 記事一覧

 

最も一般的に「シミ」として認識されているのは、正式には老人性色素斑と言われるものです。老人性・・・なんて言うと「おじいちゃん、おばあちゃんになってからできるものでは?」とイメージしてしまいますが、実はこれは20代後半ごろからできはじめる、いわゆるシミなのです。老人性色素斑とは?老人性色素斑というのは、紫外線ダメージなどが原因で起こるシミです。大きさは1~2mm程度形は丸に近い形状表面はなめらかこう...

 
 

シミの原因は、実は紫外線だけではありません。中には、体の内部の変化が原因となって起こるシミもあるのです。それが、肝斑と言われるものですね。肝斑とは?肝斑というのは、顔に褐色のシミが発生する症状のことを言います。30~50代後半までに起こる紫外線を浴びなくてもできる左右対称に起こる頬・目の下が中心こういった特徴を持っているのが肝斑です。まるで地図のようにべったりとした印象になり、見た目にも目立ちやす...

 
 

シミと呼ばれるお肌の症状と、見た目はとってもよく似ているのに、実は違う肌悩みがあります。それがそばかすです。では、そばかすはどういったことが原因で起こり、どう対処すれば改善されるのでしょうか?そばかすとは?そばかすは、老人性色素斑や肝斑といった一般的な大人の女性に現れる症状とは大きく異なっています。幼少期に現れやすい特に5~6歳から思春期ごろがピーク目の周り、頬などに集中的にできる1つあたりの大き...