アルブチンはどんな効果が期待できるの?

MENU

アルブチンは高い予防効果が期待できる!

多くの美白化粧品に配合されている定番の成分と言えば、アルブチンですね。では、アルブチンというのは一体、どんな効果が期待できるものなのか、安全性は大丈夫なのか・・・など、気になる点が色々ありますよね。

 

アルブチンとは?

アルブチンというのは、ハイドロキノンの配糖体になります。つまり、ハイドロキノンにブドウ糖が結合したものです。これは美白効果が高いということで、厚生労働省から認可を受けた有効成分となっています。

 

ハイドロキノンの配糖体、なんて言い方をすると人工的な化学物質という印象になりますが、実はサンタベリー、ウワウルシ、梨などの植物にも含まれており、身近な成分でもあります。

 

日本では1989年に厚生労働省により医薬部外品の美白成分として認可されており、歴史があるので、安心感も大きいですね。

アルブチンの効果

アルブチンは、美白に対して優れた効果が期待できることが分かっています。

 

  • メラニン色素の生成を抑制する
  • 色素沈着を予防する

 

ハイドロキノンと大きく違うのは、すでにできているシミに対しての効果は弱く、あくまでも防ぐという意味で高い効果が期待できる成分である、という点ですね。

アルブチンの副作用

アルブチンは美白に高い効果をもたらす医薬部外品である、ということになると、気になるのは副作用の懸念ですよね。効果が高いほど、そういった不安も出てきてしまいます。

 

ですが、アルブチンはハイドロキノンに比べると、作用が穏やかで、副作用が起こるリスクも低いことが分かっています。

 

ただし、原液のような高濃度なものを無理に使用すると、やはり強い刺激や白斑等のトラブルが起こるリスクもあります。赤み、肌荒れなどが起こる可能性もありますし、アレルギーを発症する方もいらっしゃいます。

 

基本的に、市販されている美白化粧品に配合されたアルブチンは、安全性を配慮した量になっていますので、白斑などが起こるリスクはほぼありません。ですが、正しい使用方法を守り、もしお肌に何らかの異常が現れた場合には、すぐに使用を中止し、皮膚科医に相談するようにしてください。

 

コスメランキングの中では、アスタリフトホワイトに配合されているアルブチン。より安全に、よりしっかりとシミを防いでいきたいという方は、活用してみると良いですね。

関連ページ

お肌の漂白剤「ハイドロキノン」
美白コスメに配合されている有効成分にはどのようなものがあるのでしょうか。美白有効成分についてまとめました。
ビタミンC誘導体は美白以外にもうれしい効果!
お肌を白く美しくしたいなら「ビタミンC」が良い、なんていうのはもはや常識のように知られていますよね。そんなビタミンCをお肌に直接届けることができ、嬉しい美白効果を発揮するビタミンC誘導体。一体どんな成分なのか、気になりますね。
プラセンタエキスは美白にも効果あり!
話題になっている化粧品やサプリの成分の1つと言えば、プラセンタですよね。実はプラセンタには、美白にも嬉しい効果があるということが分かっており、これを有効成分として配合した美白化粧品も登場してきています。