脂性肌の美白ケアの注意点は?

MENU

脂性肌のスキンケアはここに注意!

お肌がテカりやすい脂性肌の方は、基本的には皮脂が外的刺激からお肌を守ってくれるため、シミなどの肌悩みが起こりにくい状態であると言えます。ただし、中には脂性肌であっても、シミやくすみに悩まされる方がいらっしゃいます。それは、スキンケアの方法が間違えているからかもしれません。

 

実は乾燥してるかも!?

脂性肌と言われるお肌であっても、中には肌表面がベタベタで、内側はカラカラという方が少なくありません。これは「インナードライ肌」と呼ばれるものですね。お肌の内側が乾燥しているために、それ以上潤いを逃すまいとして、皮脂を過剰分泌している状態になります。

 

となると、当然、お肌の水分と油分のバランスが乱れているわけですから、ターンオーバーが乱れやすい状態になっています。ターンオーバーが乱れれば、肌表面に古い角質が残るようになり、これがくすみの大きな原因になってしまいます。つまり、脂性肌の美白ケアにおいても、やはり保湿をすることが重要であるというわけです。

 

特にこのタイプは化粧水などが浸透しにくい状態にありますので、ビーグレンのような浸透力にこだわる美白化粧品がおすすめですね。

毛穴に詰まった汚れに注意!

脂性肌の方にシミが発生する原因として考えられるのが、毛穴に詰まった汚れです。余分な皮脂やメイクを毎日きちんと落とせていないと、お肌に残って毛穴を詰まらせたものが酸化していきます。これらは油分を多く含む汚れですから、時間の経過と共に酸化し、お肌に対して刺激をもたらします。

 

そして、その刺激からお肌を守ろうと分泌されるのが、メラニン色素です。つまり、メイク汚れや皮脂汚れが残っている部分には、シミが発生しやすくなっているというわけなのです。脂性肌の方は、毛穴やお肌のキメにも汚れを極力残さないよう、丁寧な「落とすケア」を行っていくことが、美白ケアの第一歩と言えますね。

体調もチェックして!

脂性肌になってしまう原因は、肌表面のことだけではありません。女性は本来、皮脂の分泌量が少なくなっており、これは女性ホルモンが大きく関係していると言われています。ですが、ストレスなど何らかの原因でホルモンバランスが乱れてしまった時に、皮脂分泌が活発になるのです。

 

シミの悩みに関しても、妊娠中に起こりやすくなったり、肝斑といったものができるところから見ても、ホルモンバランスが大きく関係していることが分かりますよね。つまり、脂性肌になっている原因がホルモンバランスという内側からのものである場合には、そこから立て直していかないと、シミを予防したり改善することが難しいというわけなのです。

 

ストレス、睡眠不足などはホルモンバランスを崩す要因になりますので、注意して生活習慣も見直していきましょう。

関連ページ

乾燥肌の美白ケアのコツは?
お肌の潤いが慢性的に不足している乾燥肌の方は、くすみという肌悩みが発生しやすい状態です。美白化粧品を用いたケアで、くすみを撃退すると、見た目の印象が全く変わってきます。コツを押さえた美白ケアで、ファンデ不要のお肌を目指してみましょう!
混合肌は部位の状態に合わせたケアを!
混合肌の場合には、顔全体にトータルでケアするのではなく、部位の状態に合わせたケアをしていくことが大切です。それぞれの部位に合ったスキンケアをすることで、結果的にトータルで美白肌を目指すことができます。
ニキビ肌
思春期にも大人になってからも悩まされる方が多いニキビ肌。この肌質は、シミやくすみなどの肌トラブルが、とにかく起こりやすい状態にあると考えた方が良いでしょう。しっかりケアしておかないと、将来のお肌が大変なことになってしまうかもしれません!
普通肌
妊娠中・授乳中の美白ケアはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。妊娠中・授乳中の美白ケアについてまとめました。